JP | EN

  1. HOME
  2. NEWS
  3. 3Dデータを簡単に管理・編集できる「palan3D」を正式に提供開始しました!

3Dデータを簡単に管理・編集できる「palan3D」を正式に提供開始しました!

2021年3月24日
 

■ palan3Dとは?


「palan3D」は3Dデータに関わるEC事業者様が3Dデータを「手軽に確認」「手軽に反映」「手軽に編集」できる3Dデータ作成・管理支援ツールです。3DデータをECサイトに埋め込んだり、サイト上で特別なアプリ等を利用することなくブラウザ上で3Dデータをお試しいただくことが可能。AR(拡張現実)による家具やカバン等の商品の試し置きをECサイト上などで簡単に実現できます。
無料でお試しいただけるプランもございますのでぜひお試しください。

サービスURL
https://palan3d.com



 

■ palan3Dの使い方


①​トップページ( https://palan3d.com )より新規会員登録する

②ログインしてマイページよりプロジェクトを作成

③アイテム作成より3Dモデルをアップロードして完成

 

■ 「palan3D」開発の背景


コロナ禍において私たちの楽しみのひとつであるショッピングも大きく制限されるようになりました。
ECへの需要は日増しに高まっている一方で、実際のサイズや質感を確認しながら買い物を楽しみたいというニーズも残っています。
そこでECにおいてもAR技術を活用し、サイズや質感を自宅に居ながらにして確認でき、またEC事業者様にとっても簡単に既存のサイト内で3Dデータをご活用いただけるサービスとしてpalan3Dのサービスを開始するに至りました。

 

■ palan3Dの特徴


3Dモデルを簡単に確認


3Dモデルを作成しても専用のソフトが無いと簡単に確認することができませんが、palan3Dを活用すればブラウザ上で簡単にどんな3Dモデルのイメージが表示されるか確認することが可能です。
既存のECサイト内にQRコードで簡単に埋め込む機能も提供中です。
また、既存のWebサイトに簡単に埋め込み、表示ができる「iframe」のコード発行機能を開発中です。

 

ユーザーにわかりやすい体験画面


Apple QuickLook / Scene Viewerを用いて3Dモデルをリアルに表示。
ボタンひとつでARモードに切り替えもでき、ユーザーが実際に商品を手にしているように体験することができます。分かりやすい体験画面を提供することで、ユーザーが3Dを体験をしてくれないという問題を解消します。

 

ブラウザでの3Dモデル修正機能


ブラウザ上で直接3Dモデルを修正できる機能をご用意。
修正したものはリアルタイムでサーバーに反映され、ユーザーが確認することができます。
(※3Dモデルのサイズ、マテリアルの色、ライトの調整機能を予定しています)

 

アクセス解析機能 (追加予定)


3Dモデル別にアクセス数を確認できる機能を追加予定です。
商品ごとに実際にどれくらい閲覧されているかを一目で確認でき、分析に役立てていただくことができます。

 

3Dデータ変換機能 (追加予定)


AR表示用の特殊な拡張子であるUSDZ、GLBといった拡張子に変換する機能も追加予定です。
お手持ちの3Dデータ、CADデータからも簡単にAR用の3Dデータに変換し、更に編集も可能にする予定です。

 

サービスURL
https://palan3d.com

個別のWebサイトへの埋め込みのご依頼、また今回の技術を活用した販売代理店も募集しています。
TOPへ